記事

DIYにチャレンジ!庭のウッドデッキを4日で作りました!!

ウッドデッキ

 

休日はのんびりウッドデッキで過ごしたーい!

折角一戸建て買ったんだから、朝は珈琲飲みながら優雅に好きな雑誌でも読んで過ごし、夜はこじんまりBBQしたい!

ってことでウッドデッキを作る事にしたのだが、業者に頼むとトンデモなく高い。

まー材料費の他に人件費、経費等とられるので仕方のない事なんだが自分は、そんな無駄な金を払うなら自分でできる事は自分でやって使う材料をもっと良いものにしたり、大きなものを作ったりと色々と幅が広がるのでDIYにチャレンジしてみた。

DIYで作るメリット

コストが低い

上の写真は自分が作ったウッドデッキ。サイズは幅7m奥行2m です。同等サイズのものを業者に屋根までつけて頼むと、多分50万位かかると思います。自分は上の写真のものを大体65000円くらいで作りました。誰しもやっぱり安い方がいいに決まっているので、これが一番のメリットだと思います。

メンテナンス等のしやすさ

自作の場合だと、大体が木材使うと思います。加工等がしやすく後で増築したい!何て思ったときにもすごく良いです。自分は一回目、下ものの床部分を作り、予算が出来てから上ものの屋根を作りました。完成してからは一年に一回専用の塗料を塗ってます。

作成して6年経ちますがどこも痛みはありません。メンテナンスは大事ですね!

楽しい

これは人それぞれだと思いますが、どう作ろうか?今後どのようにしていこうかなんて考えていくのもすごく楽しいですね。自分は昔からこういったもの作りが好きなので趣味の一貫でやってます。

メリット

  • コストが低い
  • メンテナンス等のしやすさ
  • 楽しい(個人差はあると思いますが)

DIYで作るデメリット

仕上がりは業者に頼むよりも劣る

これは仕方のないことですよね。その道のプロが素人に負けてるようじゃちょっと、、、って感じですね。中には業者顔負けのの物を作ってる方もいますがね。

強度に対する不安、問題

これはとても重要です。やっぱり業者さんの作る物はガッチリしてて強度的にも問題がないです。自作で作る場合は手を抜いて良いところ、使う材料の強度の見極めが必要です。

めんどい!

これも人それぞれだと思いますが自分のようにこういった物作りが楽しくて仕方がないって方なら良いのですが、慣れてない方は結構キツいと思います。因みに自分が上の写真の物を作るのに費やした期間は4日間です。

最初に道具を揃えるお金がかかる。

自作する場合はどうしても最初に道具を揃える必要があります。
とりあえずは、インパクトドライバー、ノコギリ、メジャーくらいは欲しいところです。安く探せば5000 円位でそろえられます。馴れてきたら電動ノコギリ等もそろえると効率が良いです。

デメリット

  • 仕上がりは業者に頼むより劣る
  • 強度に対する不安、問題
  • めんどい!
  • 最初に道具を揃えるお金がかかる。

まとめ

この頃、色々とDIYする方が増えてますね。自分で考えて、苦労して作って、そこで何かやるっていうのはとてもやりがいがあって楽しいです。

今はDIYブームでホームセンターに行けば色々な材料が安く手に入るので興味ある方は簡単な物からチャレンジしてみるのもありだと思いますよ。

無料のトラック貸出サービスとかもありますから。

今後は自分なりにこれからDIY始められる方の参考程度になればいいなと思うような事を書いていこうと思うので、興味のある方は是非覗いて見てくださいね。下の写真は自分のくつろぎ空間です。

では、良いDIYライフをっ!