病気

アスペルガー症候群の特徴とは?接し方(付き合い方)教えます!!

ストレス

どうも、ゆるマイ(@yurumy_applecat)です。
最近友人がアスペルガー症候群ということを知りました。

私はその友人の事は何も知らなくて、SNSのやり取りをしていたのかと思うと少し自分自身が恥ずかしいなと感じられずには居られませんでした。

そこで、今回は、アスペルガー症候群のことをもっと知りたいと思い調べることにしました。皆さん、お付き合いのほど宜しくお願いします。

アスペルガー症候群の特徴とは?

アスペルガー症候群の特徴として、

  • 社会性の障害
  • コミュニケーションの障害
  • 反復性の行動(繰り返ししてしまう行動)・限局性への興味(狭い範囲への関心)

この3つがあります。

社会性の障害とは?

① アイコンタクトが不自然
視線を合してくれず、相手の顔をみないのが特徴です。

② 表情や声などから、相手の感情を読み取ることができない
相手の視線、声や身振りなどのニュアンスを読み取ることがとても苦手です。

原因としては、アスペルガー症候群の人は相手の顔を見分けることや表情から相手の感情を理解することが、健康な人よりかなり遅れていることが原因だといいます。

あと、アスペルガー症候群自身も表情や身振りが乏しく、声音が単調というのも特徴と言えます。

③ 交互に話ができず、一方通行的な会話
言葉のキャッチボールが上手に出来ません。

④ 相手の気持ちや考えていることを察するのはとても苦手
相手が発した言葉を全面的に受け止ってしまいます

なので、皮肉や建前に、冗談などは一切通じないです。また、自分の言動を相手にとってどう思われるかなどの想像ができない為に、不愉快に聞こえたり、傷つけるような言葉を発したりしてしまうこともあります。

⑤ 自分自身の外見には無頓着
人からどう思われるかなどは基本無頓着なので、髪がボサボサでも、ノーメイクでも、身だしなみや服装を気にもとめません。

コミュニケーションの障害とは?

① ユーモアや冗談が通じない
先ほど、社会性の障害の中にある④相手の気持ちや考えていることを察するのはとても苦手でも説明しましたが、こちらでも説明させて頂きますね。

何気なく相手が発した冗談を、攻撃的な言葉として受け取ってしまうことがあるようです。

② コミュニケーションが一方通行
自分自身の興味のあることがあると、時と場所を考えず、一方的に質問・話し出すことが多いです。

逆に相手側が質問してくると、その言葉の意味や理解を示さないこともあり、アスペルガー症候群の人は、ヒアリング能力に欠けていることがわかります。

③ 自分の感情を言葉に出すのがとても苦手
アスペルガー症候群の人は相手の感情や言動には無頓着だけではなくて、自分自身の感情・感覚についても自覚するのがとても苦手なのです。

単純に言えば、喜怒哀楽の感情も分からないということですね。

反復性の行動(繰り返ししてしまう行動)・限局性への興味(狭い範囲への関心)とは?

① 同じ行動パターンを好みます
アスペルガー症候群の人は慣れ親しんだ方法へのこだわりを持っています。

いつもと変わらない行動だと安心感もありますが、少しでも変化すると過大なストレスやパニックになりやすい

② 狭い範囲での関心が強く、並外れた記憶力の持ち主
アスペルガー症候群の人は周囲の人を気にすることなく、自分自身が興味を持ったことに没頭し続けます。

なので、集中力・記憶力ともにずば抜けていることから、専門知識を持つ方以上だとよく耳にしますね。

アスペルガー症候群の人と上手に付き合う方法とは?

私の場合は友人がキッカケでアスペルガー症候群を調べましたが、職場内に居る方のことも想定して、上手に付き合う方法を重点的に説明させていただきます。

① アスペルガー症候群という病気を理解しておく必要がある。

② アスペルガー症候群の人とそうではない人との違いを理解する。
お互いの考え方が違うのは当たり前なので、アスペルガー症候群の人に考え方を押し付ける行為をしないことが重要だと思います。

もし、問題があったときの対処としては、先にアスペルガー症候群の人の理由を聞いてあげることです。

その後にこちらの意見も聞き入れやすくなりますから、根気よく付き合っていくことが大事ですね。

③ スケジュールをパターン化しておき、伝えたい内容は視覚的な方法をとる。
アスペルガー症候群の人は社会的常識が分かりづらい点がある一方、ルールや規則は守らなきゃと意識が高めなので、その日やることはメモやメールなどを使い、目で見て分かるようにしてあげることが大事です。

あと、理由も一緒に書いておくと、アスペルガー症候群の人は理解しやすくなります。

④ なるべくは変化することを避ける。
アスペルガー症候群の人はちょっとした変化でも、対応することは難しいです。

反復性の行動でも説明しましたが、変化を感じたら過大なストレスやパニックを起こしやすくなりますので、なるべくは、1つの課題だけを集中的に行ってもらうのがいいと思います。

  • 病気の事を調べて理解しておく
  • 私とアスペルガー症候群の人との違いを理解する
  • メモやメールを使用し、視覚的にわかるように「やることリスト」を作る。あと、その理由も加える
  • 変化を求めないので、1つの課題だけを集中的に行ってもらう

まとめ

今回は、「アスペルガー症候群の特徴とは?接し方(付き合い方)教えます!!」を紹介させて頂きました。

調べていくうちに、友人に思い当たる節がところどころありました。高校からの付き合いですので、もう長いのに私は何も知りませんでした。

知っていたら、もっと言葉を選べたのでは?と私自身に問いかけてしまいましたね。

あと、友人が周りに相談する人が居ない!とか、ならないように心構えができてよかったと感じます。

私は、これからも友人を支えていけるように根気よく話し合いたいですね♪

ABOUT ME
ゆるマイ
ゆるマイ
自分自身の悩みを武器に、誰かの「悩み&コンプレックス」が克服していけばいいなと思い再起動決意しました! どうか、皆さまよろしくお願いいたします。